スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイトマップの送信が簡単になりました

2009.04.06.00:03

Googleによると、サイトマップ登録部分が強化されたらしいです。
今まで形式を選んでサイトマップのURLを登録する必要がありましたが、
今後は自動認識してくれるようになるんでしょうね。
RSSっていまいち普及してないと思ってましたが、
RSS登録した方がインデックスされやすくなるような気がしますねー!
あと、動画サイトマップが今後熱くなるんでしょうか!?!?

SEOマスター tera

Google に検索エンジン向け サイトマップ を送信する方法が簡単になりました。以前はサイトマップのファイル形式を特定していただく必要がありましたが、もうその必要はありません。送信されたデータの形式は、自動的に判別されます。今日は、Google がサポートしているサイトマップの形式と、サイトマップを Google に送信する方法をご紹介します。

sitemap.jpg


Google がサポートしているサイトマップの形式

インターネットを面白いものにしている理由のひとつは、本当にさまざまな種類のコンテンツがそこにあることでしょう。あなたのサイトにも動画がありませんか? もしあるのでしたら、是非 Google に、動画サイトマップを送信してください。そうしていただくことで、Google はその動画に、ユーザーを連れていくことができるようになります。または、ソースコードのサンプルを掲載していませんか? もし掲載していたら、ソース コード検索サイトマップの送信をお願いします! 以下は、現時点で Google がサポートしているサイトマップの形式です。このように、多様な形式に対応しています。


ウェブページ用の XML サイトマップ - サイトにある全てのページを送信するときは、このサイトマップを使ってください(ウェブページにはこの形式が推奨されています)。これ以外のサイトマップ形式は、全ての検索エンジンでサポートされているわけではありませんが、ウェブページを対象とした XML サイトマップは、sitemaps.org に賛同する全ての検索エンジンによってサポートされています。

ウェブページ用の RSS 2.0 と Atom 1.0 フィード - ブログの多くはこれを自動的に作成します。
ウェブページの URL 一覧を記載したテキストファイル - 上記形式のサイトマップを自動的に作ることができない場合は、サイトの URL リストを入力したテキストファイルを使うこともできます。
動画検索用の動画 XML サイトマップ - あなたのサイトの動画をインデックスし、Google 動画検索 で検索されるようにします。
動画検索用の Media-RSS フィード - mRSS フィードは様々なシステムで利用されていますが、Google 動画検索 にも使われています。
Google ソースコード検索用 XML Sitemap - ユーザー向けにプログラムのサンプルやソースコードを提供している場合は、Google ソースコード検索 用にこのサイトマップを送信します。
モバイル検索用 XML サイトマップ - この形式を利用すると、そのコンテンツはモバイル用に最適化されているものだということを Google に知らせることができます(最近、形式に若干の変更がありましたので、ご注意ください)。
地理情報用の XML サイトマップ - KML か GeoRSS ファイル形式の地理情報データがサイトにある場合は、Google にこれらに関して教えてください。
ニュース用 XML サイトマップ - ニュースのサイトはニュース記事を送信するのに、特別な形式のサイトマップが利用できます(このサイトマップを送信する前に、Google ニュースへのご登録 をお忘れなく)。
Google に送信予定の複数のサイトマップをお持ちの場合は、1,000 ファイル以内であれば、サイトマップインデックスファイル にまとめることができます。1,000 より多くのサイトマップをお持ちの場合は、分割して、複数のサイトマップインデックスファイルを送信することも可能です。もちろん Google は全て喜んでお受けします!

Google にサイトマップを送信する方法

サイトマップファイルを作成し、サーバーにあげて、準備が整ったら、あとは、検索エンジンがそのサイトマップを見つけるようにするだけです。Google は、サイトマップを送信する 3 つの簡単な方法をサポートしています。

Google ウェブマスターツール を使う
サイトマップの存在を Google に知らせるには、Google ウェブマスターツールを使ってサイトマップを送信することをおすすめします。この方法を使う大きなメリットは、あなたのサイトマップファイルに関する直接 のフィードバックが受けられる点にあります。例えば、サイトマップがダウンロードされたかどうか(Google はサーバーにアクセスできた?)、サイトマップがどのように認識されたか(サイトマップは正しいファイル形式だった?)、そして、サイトマップにリストさ れたページはどうなったか(何ページインデックスされた?)など。また、サイトマップを送信する前に、ウェブマスターツールであなたのサイトが確認 されていることをチェックしましょう。確認されたら、「サイトマップ」の項目へ進み、サイトマップのファイル名を入力します。

場合によっては、サイトマップをサイトとは別のサーバーや別のドメインの下に置くこともあるでしょう。このような場合は、まず、ウェブマスターツールにおいて、両方のサイトでサイトの確認 を行い、しかるべきサイトのサイトマップを送信します。例えば、http://www.example.com のサイトマップが http://sitemap-files.example.com/ にある場合、両方のサイトの確認を行い 、http://sitemap-files.example.com にあるサイトマップを送信します(そのサイトマップにリストされた URL が http://www.example.com のものだとしても)。詳細は、ヘルプセンターの「複数のサイトのサイトマップを管理 」をご覧ください。

robots.txt ファイルにサイトマップについて記載する
robots.txt ファイルにサイトマップの場所を記載 して、サイトマップを送信する方法もあります。この方法を使ってサイトマップを送信すると、サイトマッププロトコルをサポートする全ての検索エンジンがサ イトマップを見つけられるようになります(ただし、上記ファイル形式全てがサポートされているわけではありません)。robots.txt 上に、サイトマップの完全な URL パスが記載できるので、この方法でも、別のドメインに置かれたサイトマップを送信することができます。この方法で送信されたサイトマップは、Google 側で自動的に処理されますが、ウェブマスターツールに自動的に登録されることはありません。サイトマップに関するフィードバックを受け取れるよう、ウェブマスターツールからも登録することをおすすめします。

HTTP "ping" を使う
サイトマップが自動で生成される場合は、その送信(または再送信)には、Google サイトマップ用の "ping" URL にアクセスするのが便利です。この URL には、サイトマップの URL が含まれています。サイトの "ping" URL に関する詳細は、ヘルプセンターにある「サイトマップの更新 」をご参照ください。サイトマップのファイルを更新された際には、いつでも、この "ping" URL を使ってください。Google 側に、再度アクセスして処理する必要があると伝わります。もしそのサイトマップがウェブマスターツールにも登録されている場合は、そのステータス情報も更新されます。この方法も、別のサーバーにあるサイトマップに使えます。とはいえ、先述のケースと同様、ウェブマスターツールで両方のサイトについてサイト の確認をする必要があります。

sitemp.org に賛同する他の検索エンジンも、一般的なサイトマップファイルを送信するための同様な方法をサポートしています。


これらの簡略化が、サイトマップを送信していただくうえで、皆様のお役に立てば幸いです。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

SEOマスター

Author:SEOマスター
「SEOマスター」を運営する会社のスタッフです。
SEOについての考察や、横浜の街のあれこれを綴りますね。
ワンコの散歩や食べ歩きが大好きなので、なんのブログか分からなくなっちゃうかもー!

「SEOとは、英語の "Search Engine Optimization" の頭文字を取ってSEO(エス・イー・オー/セオ)とも言われる。」
と、wikiにも書かれてますが、今時セオとは言わないっしょ!?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。