スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクシィ株がストップ高--新事業への期待感から再成長局面へ

2009.04.25.01:12

いよいよミクシィのグリーへの反撃が始まりましたね~
最近ちょっとマンネリ気味に感じていたmixiなんで、
「mixiアプリ」や「mixi connect」にはかなり期待してます。

SEOマスター tera


ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)運営のミクシィが4月20日、値幅制限いっぱいのストップ高に買われた。業績成長率の鈍化が顕著化しており、株価の値動きも鈍くなっていた。これまで、材料への感応度も鈍くなっていたミクシィ株がようやく動き出した。

 ミクシィは2009年3月期業績を売上高120億円、経常利益38億円と計画している。経常利益の伸び率は前期の単独実績比で0.9%増。海外展開や課金ビジネスなど新事業への先行投資を考慮しても、市場が成長を続けるインターネットサービスセクターの中核銘柄としては物足りない数字だ。

 市場は2010年3月期の成長率回復を期待していたが、4月8日付日本経済新聞で観測が報じられた数字は、またもや横ばい圏。連結経常利益は2009年3月期計画並みの38億円前後になりそうだとしている。会員数増加で広告収入は拡大を続けるが、引き続き新事業開発費が利益の足を引っ張るほか、広告宣伝費も増加する。

 同じくSNSを運営するグリーは再度の計画上方修正を発表。グリー株はミクシィ株を上回る評価を受けており、日本最大の会員数を誇るミクシィの株式市場での存在感は低下していた。

 20日のミクシィ株のストップ高は、日興シティグループ証券によるインターネットサービスセクターのリポートが材料。ミクシィについては、ターゲットプライスを引き下げる一方で投資判断を中立から買いに引き上げた。

 下落を続けたミクシィ株の割安感を指摘するリポートはこれまでもあったが、今回の日興シティグループ証券のリポートは業績面も評価。日本経済新聞報道のとおり、会社側は2010年3月期業績計画について横ばいの見通しを示す可能性が高いしつつも、新事業の寄与により、その横ばい見通しはいずれ上方修正されると予測している。その新事業は「mixiアプリ」や「mixi connect」など。会社側が先行投資を投下して育成を進めているビジネスが、2010年3月期の下期から収益寄与してくる見通しだとしている。

 株価は半年以上先を見て動くと言われる。ミクシィ株は成長鈍化を先取る形で下落を続けてきた。しかし、いよいよ再成長局面を期待して動きだす時期が近付いてきたようだ。

CNET Networks,
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

SEOマスター

Author:SEOマスター
「SEOマスター」を運営する会社のスタッフです。
SEOについての考察や、横浜の街のあれこれを綴りますね。
ワンコの散歩や食べ歩きが大好きなので、なんのブログか分からなくなっちゃうかもー!

「SEOとは、英語の "Search Engine Optimization" の頭文字を取ってSEO(エス・イー・オー/セオ)とも言われる。」
と、wikiにも書かれてますが、今時セオとは言わないっしょ!?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。