スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitterの“つぶやき”はプロモーションになり得るのか

2009.05.02.12:24

いよいよ“つぶやき”の時代がやってきたのか・・・
と、つぶやいてみる(^_^;)

top.gif

「Twitter」の意味と読み方
「Twitter」とは「さえずる、ペチャクチャしゃべる、クスクス笑う」という意味の英語(動詞)です。
また、発音は「ついったー」、それっぽくいうなら「トゥイッター」となります。
Twitterは動詞なので、Twitterをする人、Twitterユーザーは「Twitter-er(ついったらー)」になりますが、
日本人ユーザーの間では「ついったったー」と呼んだりもしています。

みんさんも“つぶやき”いかがですか?

SEOマスター tera

 企業の〈中の人〉の“つぶやき”は、その人物の立場や、その人物自身に対する興味によっては、意味を持ってくる。それは、企業そのものではなく、あくまでも個人の“つぶやき”だからだ。外部からではうかがい知れない企業や、業界の内情が垣間見えることもあり、興味深いことがある。このことがあるために、企業によっては社員のTwitterアカウントを監視しているところもあるとも聞く。

 それに対して、企業そのもの、もしくは部門、ブランドのTwitterでは、何がつぶやかれるのか。

 広報のためにアカウントを取得した場合、新サービスの案内などを、淡々とつぶやくケースもあれば、担当社員が自由につぶやいている形のものもある。もちろん、しっかりと計画されたプロモーションの場合は、自由につぶやいているように見せかけて、計算された“つぶやき”をしていることも多いはずだが。

 いわゆるブログを使った企業プロモーションでは、期間を決めて、どの情報をどのあたりで掲載するなどといったスケジューリングがなされていて、綿密な計算がされている。コメントやトラックバックから、顧客などの反応を見ながらプロモーションできるため、うまく活用できればそれなりの効果を上げられる。逆に、炎上してしまって閉鎖した事例もあるが、コメントやトラックバックを承認制にすることで防ぐことも可能だ。

 それに対してミニブログと呼ばれるTwitterでは、フォローを活用することで、顧客の存在をもっと身近にすることができる。かといって、短期間に大量に情報を発信してしまっては、スパムのようになりかねない。いかに効率よく、良いタイミングで“つぶやく”ことができるかが、勝負だろうか。そして、フォローしてくれる読者から口コミが広がれば、それこそ大きな宣伝効果が期待できる可能性がある。

itmedia
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

SEOマスター

Author:SEOマスター
「SEOマスター」を運営する会社のスタッフです。
SEOについての考察や、横浜の街のあれこれを綴りますね。
ワンコの散歩や食べ歩きが大好きなので、なんのブログか分からなくなっちゃうかもー!

「SEOとは、英語の "Search Engine Optimization" の頭文字を取ってSEO(エス・イー・オー/セオ)とも言われる。」
と、wikiにも書かれてますが、今時セオとは言わないっしょ!?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。